創業融資ナビ

創業時の融資獲得を支援するサイト

創業融資ナビとは、これから創業を考える方、また創業予定の方を対象として創業時の融資に関する様々な情報を提供するサイトです。創業融資の概要や内容、また事業計画書を作成するためのコツやマーケティングの考え方などを確認することができます。
創業融資とは

創業融資とは

創業融資には、主に国の金融機関である日本政策金融公庫の「新創業融資制度」と都道府県・市区町村が窓口となって行っている「制度融資」があります。 それぞれ特長がありますのでどちらを選ぶかはお客様のおかれた状況により異なります。 日本政策金融公庫の「新創業融資制度」は無担保・無保証で借りることができ、一般的に審査が早い(申込...

創業 会社設立

会社設立の流れとかかる費用について

さあ、これから会社を興して頑張るぞ!と張り切っている方々は、将来の「夢」に向かって充実した日々を送っていることでしょう。そんな「夢」を描いて頑張っている方々が最初に頭を悩ませる問題が会社設立の手続きです。この記事ではそんな会社設立の手続きおよび費用について解説します。 会社設立の流れ 会社設立の手続きは大きく①定款の作...

会社設立 届出

会社設立後に提出しなければならない届出書等について

会社設立登記が無事完了した後は、税務署などに提出する税務関係の届出の提出や年金事務所などに提出する労務関係の届出の提出が必要です。それぞれ提出先や提出する書類が複数に渡るため、注意が必要です。 税務関連の届出について 税務関連について、必要となる各届出書および提出先、提出期限は下記の通りです。   提出書類※...

創業 事業計画書

事業計画書のコツ

創業融資を受けるためには、事業計画書の作成が必要となります。事業計画書はこれから会社を経営していくための「羅針盤」であり、融資申込においては、相手から融資を引き出すための「プレゼン資料」となります。 創業においては、一般的な融資と異なり過去の実績がないため、審査は「経営者としての資質」と「事業計画の妥当性」を主に重視し...

創業融資 中小企業経営力強化資金

創業に使える!中小企業経営力強化資金とは

中小企業経営力強化資金とは 中小企業経営力強化資金とは、認定支援機関に指導や助言を受けて、新事業分野の開拓等を行う中小企業向けの融資制度です。また、中小企業経営力強化資金は創業時にも使うことができます。認定支援機関とは、「経営革新等支援機関」ともいい、中小企業や小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために専門知識...

創業融資 制度融資

東京23区の制度融資を比較してみる!

東京都23区の創業者向けの制度融資について、貸付限度額、金利、貸付期間、信用保証料、融資対象者について比較してみたいと思います。 区の制度融資は、その区に事務所を有してなければ利用できないなど、対象者は限定されるものの、都の制度融資よりも優遇されていて、例えば、金利や信用保証料について、区がその一部を負担してくれていた...

創業融資 事業計画書

マーケティングの基礎①~環境分析~

事業計画書を作成する際には、自社のビジネスモデルを考え、それを実行するにあたりWho「誰に」、What「何を」、How「どのうように」販売していくかを計画することが重要です。この「誰に」「何を」「どのように」というプロセスを自社のビジネスモデルに落とし込み、仕組み化していくことをマーケティングといいます。もっと簡単に言...

創業融資 事業計画書

マーケティングの基礎②~SWOT分析~

マーケティングの基礎② ここでは、「マーケティングの基礎①」の続きとして具体的な戦略を策定するためのプロセスである「SWOT分析」と「クロス分析」について説明します。「SWOT分析」とは、自社の取り巻く環境を「強み(Strength)」、「弱み(Weakness)」、「機会(Opportunity)」、「脅威(Thre...

創業融資 事業計画書

マーケティングの基礎③~STP+4P~

環境分析が終了したらいよいよ具体的な戦略を立案するために次のステップに進みます。ここでは、STP+4Pについて説明します。STPとはセグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の略称となります。また、4Pとはマーケティングミックスともいい...

創業融資 事業計画書

売上計画作成のコツ!~損益分岐点分析を活用する~

これから創業をする皆様は売上計画をどのように作成していますでしょうか?もちろん、売上高は「単価×数量」から構成されますが、利益計算を行う際には、発生する必要経費を見越して売上計画を作成する必要があります。ここでは、損益分岐点分析(「CVP分析」とも言います)をもとに必要売上高の計算方法について説明します。 損益分岐点分...

Return Top